桃ちゃんの学校の課題

 

 

 

1月半ば過ぎに桃ちゃんの英語の先生から学校に呼び出されて
桃ちゃんの英語の成績がちょっと危ないです・・と言われました。

よくよく聞いてみると
新学期早々から英語の提出物をあまり出してないそうなのです。

桃ちゃんの学校はちょっと変わった方針で
提出物などは宿題ではなく
学校で全て済ませなくてはならず、
宿題として持って帰らないので
(持って帰るのが禁止)
親は手伝うことも出来ないし、
何をしているのか全くわかりません。

先生は何度も促したけど提出しなかったと。

もう7ヶ月前の出来事。

今回、また提出しないものが二度続いたので
親切に呼び出して教えてくれたのですが、
本当はもっと早く教えて欲しかった・・と思っていたら
主人に

「フィリピンの先生は普通そんなことしない。
成績が下がってたら親の方から出向いて聞くべき。」

と言われたので、

なるほど・・・

確かにここは自分で訴えて何でも主張しないといけないのですね。
察する文化ではないので当然と言えば当然。

先生も日本の中学や高校の様に1人の先生が1教科を教えるのですが
桃ちゃんの学校は1学年4クラスあって、
1クラスが39〜40人なので
1人の先生が160人近い生徒を見ているわけで
桃ちゃんは小さい頃から文章の理解力がちょっと弱く、
提出物以前に問題の意味が分からなかったりするようなのです。

先生に聞きに行くと

「問題をちゃんと読んで」

と言われるだけなので
突っ込んで聞けないようなんです。

(他にも大勢の子が並んで待ってるみたいで尚更)

宿題で出てくれたら手伝えるんですが・・。

ただ桃ちゃんの聖歌隊の他の親と話していたら
他の学校はも〜っと酷い感じで、
宿題は山のようだけれど、
子どもに苦労させるだけのあまり意味のない宿題も多いようだし、
授業と関係ない内容だったり、
試験は授業と全く違う内容だったりするんですって。

そんな話しを聞いていたら
桃ちゃんの学校はまだまだマシ〜と思えました。

桃ちゃんの学校はこの学校内で一人で終わらせる課題が
成績の20%、挙手して発言するとまた成績が上がるような仕組みなんです。

とりあえず桃ちゃんには
学校で終わらせる提出物の質問を小さなノートに書いて
家に持って来てねと言いました。

そしたら今回の社会科(フィリピン語で教えられている)の課題は

「良い政治家になる資質はなんですか、
12項目挙げて、各項目2〜3文の説明文を添えなさい。」

でした。

主人が訳してくれたのですが、
私も桃ちゃんもフィリピン語で書かれたその質問の意味が全くわかりませんでした。

なのでその資質を考えるのも
説明を書くのも
家で手伝って、学校では写すだけにしてあげました。

フィリピン語で日常会話してないので
こういう課題は学校で一人でやりなさいと言われても結構大変です。

と言うわけで
桃ちゃんの学校は宿題はないんですが、
自分で時間の配分を決めて計画的にやらないと
期間内に提出出来ないので
桃ちゃんは今、試練の時。

 

 

DSC_0712

 

今回、キリスト教の授業で旧約聖書のルツ記の話しをプレゼンすることになり、
これは家でやっても良かったのですが
今回は2人組だったので
絵は桃ちゃんが担当し、
文章はもう一人の子が担当して
紙芝居を作りました。

14パネルあったので
色塗りは私と桜もお手伝いしました。

今回はパートナーに恵まれていて
家も近かったので
共同作業は無理でしたが
描き終わったものを届けたり出来て
スムーズに終わりました。

4年生終了まで後1ヶ月ほど。
何とか5年生に上がれそうです。

そして今、聖歌隊の練習が午後5時〜7時まで(水)(金)と
土曜日の午後2時間、
日曜日は1時間あるのですが
桃ちゃんは聖歌隊の練習が楽しくて仕方ありません。

聖歌隊の先生はリコーダーも最近導入して教え始めてくれました。

聖歌隊のアメリカツアーのオーディションも
私は行かせないつもりで桃ちゃんにもそう話していたのに
先生達に説得されてオーディションを受けるだけ・・と受けさせたら
とにかくオーディションそのものがとても楽しかったみたいで
オーディションの成績も悪くなく
本人は絶対にアメリカツアーに参加したいと
張り切って練習に励んでいます。

オーディションは3回あるので
今度2度目のオーディション、また楽しみな様子。

音楽にかけるくらいの情熱で勉強にも取り組んでくれたらいいのにと思うのは親の欲目なんでしょうね。

 

 

 

 

 

広告

桃ちゃんのピアノレッスン20回目

ピアノを習い始めてまだ数えるほどしかレッスンしていないんですが、
ピアノが好きみたいで毎日練習しています。

ずっとピアノの先生を捜していたんですが
この人と思う人に出会えず、
2年前からピアノが習いたいと言う桃ちゃんにピアノを習わせることが出来なかったのです。

やっぱり最初に習う先生は大事だと思うし
変な癖がついたら後から取るのは大変です。

この先生とはたまたま隣のおばさんに誘われてフィリピン大学50周年記念のコンサートに桃ちゃんと聴きに行った時に、先生の演奏を聴いたのが出会いの始まり。

すっかり好きになって、後で大学の音楽部を訪れてレッスンをお願いしました。
そしたらたまたま鈴木メソードをされている方だったんです。

 

 

IMG_2651

今回は先生のご都合で合同レッスンでした。
初めての合同レッスンだったんですが、
このお嬢さんはこの牧師さんの家でお世話になっていて
(もしかしたら正式な養女かもしれません)
いつも熱心にレッスンに来られてお嬢さんを勇気づけておられるんですよ。

桃ちゃんはまだ片手だけなんですが
このお嬢さんはもう両手で弾いています。

先生に突然、2週間後に発表会なので
2人とも2曲選んでね〜と言われました。

発表会って言ってもこの幼稚園のホールでやる
いつものこじんまりした発表会でしょう。

 


桃ちゃんは今のところは片手だけです。
左手はちょっとずつ始めてますが、
まだ右手と組み合わせては弾いてません。

 

 

 


この曲、桃ちゃんは発表会で弾くと決めました。
学校から帰るといつもこんな風に髪の毛ぼさぼさな桃ちゃんです。

ギターは殆ど練習してなくて
最近、ギターの先生は頑張って色々教えてくれようとしているんですが
桃ちゃんが全然のってこないんです。

選び時かもしれませんが
先生に申し訳ないし、あと半年くらいはやらせようと思います。

 

************************************

<どうでもいい菜の花家の食卓>

DSC00469

「はっちん」という日本食材店で買ってきた和菓子と
はっちんの隣にある洋菓子店で買ったモンブラン(私用)。

イチゴのショートケーキやサバランもあります。

ここで売っている日本ン人のパティシエさんが作るケーキは
甘さ控えめで、日本的味。

マカロンも色々な種類が売られているんですが
こちらも繊細な味で美味しいんですよ〜。
ちょっとはまります。

 

 

 

 

 

 

 

 

桃ちゃんの乗馬レッスン

今、9才の桃ちゃんが乗馬をしたいと言い出したのは4、5才の頃。

マニラから比較的行きやすいタガイタイに遊びに行った時は必ず馬に乗っていましたが、
観光客用に運営しているので
子どもが馬に乗って
おじさんが紐で馬を引っ張るか、
おじさんが一緒に乗って歩き回るだけなのです。

「乗馬を教えて」 とそういう場所のおじさんにお願いしたかったのですが、
そういう場所で乗馬を教えてもらっている人を見た事がなかったし、
実際に彼らが教えられるのかも不明でした。

今から思えば、やっぱりそんなに簡単に教えられるものではなく、
責任も取れないので彼らは教えてはいけない規則なんだと思います。
(彼らは簡単そうに馬を操っていましたが)

そしてタガイタイやバギオで
ただ馬の上に乗って紐で引っ張ってもらい
時間いっぱいまで運動場のような場所をグルグル回るだけで
1時間800ペソ(1850円くらい)したと思います。

幸い、スペインのホームスティ先で乗馬レッスンさせてもらえたのですが、
それはたったの1時間だけ。

それで帰国してからネットで探し
見つけたのがこちら。

 

 

IMG_1889

 

もう70才を過ぎたこの先生は
以前は東京オリンピックにも出かけて行き、
皇居で当時の昭和天皇と馬に乗ったこともあるんですって。

フィリピンでは有名なマイキー・コワンコという乗馬選手を教えていた事もあったそうです。

レッスンの最初はこうやって手綱を持たずに体のバランスを保つ練習。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1890

こうやって必ず誰かが紐を持って馬をコントロールしています。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1991

レッスンして3回目くらいだったか
初めて自分一人で(紐で引っ張るお兄さんなしで)馬を操らせてもらいました。

でも、この後、トロットという足並みになった時に
桃ちゃん、塀の脇の植木を擦りながら走り進んでしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2073

馬には3つの速さがあって
英語では「ウォーク」と「トロット」と「ギャロップ」。

馬は走れと言ったら走るんですが
手綱さばきは結構難しくて
右に左に勝手に進んで
なかなか思うように操れない時もあります。

 

 

 

 

IMG_2015

桃ちゃんの場合は雨が降ってもレインコートを着てレッスンに出かけて行きました。
でも、雨の日は安全の為にお兄さんが紐を持ってくれています。

 

 

 

 

 

IMG_1892

先生はレッスン後に馬の手綱の処理の仕方を見せてくれました。

 

 

レッスン10回目に撮ったビデオです。
「トロット」から馬を止め、180度回転させて方向転換し、歩行した後、トロット、そしてギャロップに移行します。

 

 

乗馬レッスンでは膝の内側に痣が出来たりして
バランスもですが、お尻で馬に座ってしまうと上手く乗れないので
常にお尻を浮かせて
それを膝や足で支えているので
体操が役に立っている気がします。

1回の乗馬レッスンは1500ペソ(約3500円)とちょっとお高いので
夏休みが終わったら週に1、2回のペースにする予定です。

この場所はマリキーナのSSSヴィレッジにあるんですが
家からは15分〜20分で着いてしまい
マニラとしては非常に行きやすいです。

連絡先が知りたい方はプロフィールからメールでお問い合わせ下さい。
他にも直接は知りませんが
ケソン市のタンダンソーラ地区やドンアントニオにもあるようです。