タガイタイにあるレストラン「アントニオ」

先週の土曜日、タガイタイにある「アントニオ」というレストランに家族で行って来ました。

あ、と言っても息子はちょっと具合が悪いとかで
(ただの寝不足じゃないかと思うのですが)
一緒に来ませんでしたけど。

このレストラン、普段は予約を取るのが凄く大変みたいで、
今回、イースター休み中だったので
運良く1ヶ月くらい前に予約が取れたようでした。

皆さん、休暇で旅行に出かけているからですね。

と言うわけで「行きたい〜」と思って直ぐに行けるレストランではないようですが、週末は予約がいっぱいでも、週日なら空いていて突然でも予約が取れるかもしれませんね。

連絡先はこちら。

レストランホームページ:http://antoniosrestaurant.ph/

レストラン名:「Antonio’s」
営業時間:火曜日〜日曜日 午前11時〜午後9時
お料理:フレンチ、ギリシャ、地中海、イタリアン
駐車場:あり
ドレスコード(服装):おしゃれ着
お値段:選ぶメニューによりますがコースメニューで2000〜15000ペソ
支払い:カード(ヴィサ/マスターカード)使用可
電話番号(携帯):+63917 899 2866, +63918 899 2866
Eメール:reservations@antoniosrestaurant.ph

DSC01242

古い邸宅を改造してレストランにしたのでしょう。
こちらが入り口で、
警備員さんが予約客名のリストを持っていて
名前と一致した人のみ入れていました。

 

 

DSC01247

こちらの玄関から入ります。

 

 

 

 

DSC01249

入って直ぐは待合室のようになっています。
写真には写ってませんが
レモン水が自由に飲めるように置いてありました。

 

 

 

DSC01250

サラダに使うお野菜などはここのお庭で栽培されているそうです。

 

 

 

DSC01251

何故か10分ほど待たされましたが、
くつろげる感じで
壁に飾ってあるこの家の元住人だった方達の写真を眺めて過ごしました。

 

 

DSC01258

お水は炭酸水と普通のお水、どちらがいいですかと聞かれたので
大好きな炭酸水を選びました。

お砂糖の入っていないただの炭酸水は
飲み慣れると胃の調子が良くなるので
ちょっとはまります。

日本のテレビでも炭酸水は胃腸に良いと言っていましたよね。

 

 

DSC01265

ウェイターさんが勧めてくれた赤ワイン。

 

 

 

 

DSC01264

コールラビのスープ。
コールラビは日本語では「蕪かんらん」と言うみたいです。
味はかなり「蕪」なんですが。

そして皆、同じスープだったのですが、
桃ちゃんスープにだけは動く緑の芋虫が入っていました。
食べる前にスープの中に小さな動く虫を発見した桃ちゃん。
ウェイターさんは「無農薬の畑で取れた野菜だから・・」と言い訳してました。
まあ、芋虫食べても害はないと思いますが、
無味無臭の農薬は怖いので
許せる範囲でしょうか。

 

 

 

 

 

DSC01284

ウェイターさんがコールラビを見せてくれました。

 

 

 

 

 

DSC01266

牡蠣が美味しいと聞いていたので前菜に注文。
牡蠣を含む前菜のメニューは下さらなかったので
持って来てもらいました。

ランチだったからかもしれませんね。

毎朝、空輸でヴィサヤの方から取れ立ての牡蠣を届けてもらうそうで、
この牡蠣は噂通りの絶品でした。

 

 

DSC01267

ラズベリー風味ドレッシングのあっさりサラダです。

 

 

 

 

 

DSC01275

メインディッシュの到着。

私はアヒルの胸肉+マッシュポテト、主人はステーキ+トマトバジルのリゾット添え、桜は子牛のラビオリ。

ステーキも脂がなく、どれも薄味、自然な味で、
何ともお上品な味わい。

フィリピンで外食すると塩気や脂が多く
化学調味料が比較的多いと感じるのですが、
こちらのお料理はお客に媚びる料理ではなく

「これが体にいい料理ですよ、どうぞ自然な味を堪能して下さい」

というシェフの声が聞こえてくるようなお料理でした。

 

 

DSC01277

桃ちゃんにはメニューにはないお子様用パスタ。

ミートボールスパゲティーと言われたのですが
ミートボールは好きじゃないので外してもらいました。

 

 

 

 

DSC01282

デザートのメニューに値段が書いていないので聞くと
お食事のお値段の中に含まれているとのことでした。

お食事を頼むとスープ、サラダ、パン、デザートは付いてくるようです。

主人はスフレ、桜はパナコッタ、私は小麦粉なしチョコレートケーキ、桃ちゃんはアイスクリームを注文。

どれも甘さ控えめで美味しく頂けました。
お砂糖を齧っているようなデザートが主流のフィリピンでは珍しいでしょうか。

 

 

 

DSC01294

お食事の後、お庭を少し散策。

 

 

 

 

 

 

DSC01300

屋敷の一角には使われていない大広間も。

 

 

 

 

 

DSC01299

お庭もきれいに手入れされていて
可愛い花がところどころに咲いています。

 

 

 

DSC01301

広すぎず、狭すぎないお庭なので
貸し切りで結婚式などをするのに向いてそうです。

 

 

 

 

 

DSC01319

 

帰り、タガイタイが大渋滞だったので
バタンガスを抜けてカビテの方から帰ったのですが
3時間半かかってしまいました。
(桜が往復運転してくれました。感謝!)

ちょっと遠いのですが
行って良かったと思えるレストランでした。

ちょっと早めの結婚25周年祝いになりました。
主人のお兄さんなどは大体的にシルバーウェエディングをしたりしましたが、
私達は何もしない予定。

 

 

 

 

DSC01322

帰りにマニラ湾沿い道路を通ると
海辺の貧困層住宅が見えました。

私が初めてフィリピンに来た1982年からずっと変わらずあるような気がします。フィリピンは格差社会。それでも昔よりはずっと努力すると成功するような社会になってきたように思います。

 

 

 

 

 

 

 

広告

タガイタイにあるレストラン「アントニオ」」への4件のフィードバック

  1. すごくおいしそうな気がします!私も行ってみたくなりました。たまにいいところに行くと楽しいですね。
    予約が取れてからずっと楽しみしてしまうかもしれません。

    • Jordan 様 

      コメントありがとう御座います! フィリピンは治安が悪いのであまり観光客向けではないかもしれません。日本はその点、本当に住みやすいのではないですか。

      そうですね〜。こういうレストランは予約を入れるのが大変なので行くのが楽しみです。

      • そうですね。確かに、日本は住みやすいと思います。青森に住んでいたときも思ったけど、あそこより東京の方はすごく便利で、もっと住みやすくなりました。
        フィリピンはまだ行った事はないですが、今度行ってみたいです。

        • 日本の田舎は東京よりずっと良いと思うんですが、便利さでは東京に負けてしまいますね。過疎化が進んでいるので田舎のバスや電車の本数が著しく減少して地元の人でも子どもの送り迎えなど車でしている人が多いようです。

          フィリピンは先ほどのコメントにも書きましたが本当に治安が悪いです。田舎はそうでもないので、エルニドなど海がきれいな場所にのんびり行かれると楽しいかもしれません。ただお値段はかなり高いんですよ。フィリピンは今バブル時代のように思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中