フィリピンの乗馬クラブ祭2日目

乗馬クラブ祭の2日目の午前中は試験から始まりました。
試験と言っても普段、レッスンでやっていることです。

人数の関係で3人ずつ行ったんですが、
桃ちゃんは他の初心者と一番組。

円になって馬を走らせる時に先頭の馬に乗った子が上手く走らせられず
後ろがつかえたりもしてましたが、
桃ちゃんなんかも馬が変われば扱いも違うので
「走れ」と言っても全く走らない馬もいて
言うは易し、行うは難しなんですね。

 

IMG_3257

この日は朝8時から夕方6時まで馬に乗せてもらえて
桃ちゃんは幸せいっぱいでした。

連れて来た馬は8頭なので
順番で乗りますが
普段、1時間のレッスン中しか乗れないことを考えると
トータルでも4時間くらいは乗っていたので
乗馬祭に参加して馬乗り放題という感じでした。

 

 

IMG_3263

馬を使った色々なゲームにも参加させてもらいました。
ジャンプの競技は無理ですが、
馬に乗ったままボールを帚で掃いてバスツに入れるとか、
旗を取ってポールに入れて、
また別の場所から旗を取って次の人に渡すリレーなど
楽しい競技が盛りだくさん。

 

 

IMG_3276

右側が桃ちゃんで、左側は乗馬歴5年の15才のお姉さん。
彼女と桃ちゃんはボールをバケツに帚で入れる競技にペアで参加して
準優勝しました。

大きいお姉さんに筋が良いと言われて
乗馬歴たった半年の桃ちゃん、大喜び。

乗馬クラブの他の保護者の方達とも出会えて
皆さん、本当に素敵な方達ばかり。

3年続けていた器械体操は乗馬を始めたことで
なんとなく行かなくなりました。

聖歌隊の練習が週に4回になって忙しいせいもあるんですが、
器械体操の競技会でレベルを間違えられて
結局、主催者のミスなのに私が子どものレベルを偽ってると責められ、
競技会に参加するな、体操も辞めた方がいい
参加費用は返金するからと言われて
後味の悪い思いをしたせいもあります。

それを言った人は体操教室の広報担当で
社長さんではなかったので
社長さんが後で何度も謝ってくれましたが、
未だに返金もして貰っていませんし、
競技会用に作らされたジャケットやお揃いのユニフォームも袖を通さないまま。
これも4000ペソ(1万円ほど)だったので
無駄になってしまって残念です。

遅かれ早かれ辞めたかもしれませんが、
最後に一度だけ競技会に参加させてあげたかったです。
競技会に出るからって練習頑張っていたのに。

もっとも桃ちゃんは学校の体操教室にまた戻りたいと先日言っていて
聖歌隊が忙しい今はちょっと無理ですが
この聖歌隊、先生達は素晴らしいのだけど
子ども達の保護者がイマイチなので
桃ちゃんは何も感じてないと思うんですが
私の方がかなりカルチャーショックです。

そう言う意味では乗馬クラブは全くストレスがありません。
子ども達も馬が大好きで
桃ちゃんもそうですが、馬を本当に可愛がっていて
見ていて微笑ましいし、
親も全面的に応援していて
皆で食事に行っても
来れなかった先生や馬の世話係のお食事まで気にしてテイクアウトしたり、
支払いも皆で割り勘にして
誰が何を注文したからいくらなんてせこいことを言う人はいません。

これが聖歌隊の親だとまたちょっと違って
楽しく話しするって雰囲気はないんです。

なので待っている2時間の間、スーパーに買い物に出たりしています。
待っているお母さん同士で話しているのをあまり見ないんですが
不思議ですよね。

乗馬クラブの保護者達とは
有意義な子育てについての話しが沢山出来たんですよ。
例えばあるお母さんは弁護士さんだけど子育て中なので今は仕事は半分にしてるし、食事は絶対にメイドさんには作らせないのよとか、
あるお母さんは両親共フィリピン人だけどドイツ人学校に通わせているので
子ども達はドイツ語、フランス語、英語が出来るとか、
息子さんでうちの虎次郎みたいにゲーム三昧の子がいるお母さんがいて
でもその息子さんも成績はいいんですって。
学校のカウンセラーに相談したけど
やることはきちんとやってるので
そういうお子さんだと受け止めた方がいいですよと言われたとか。

うちも虎次郎は今大学3年生ですが
物理や機械工学の専門の授業では
常に上位にいて、
期末試験を免除されることもしばしば。

夜昼が逆転してたりして色々心配になりますが
子どもは親の思い通りにならないものです。

こんな話しも聖歌隊に来ている子達の保護者同士では全くしません。
むしろ皆、話しを避けてる感じです。

この聖歌隊、テレビに出たりして有名になったからなのかしら。
先生達が素晴らしいからコンサート組ではないけれど
行かせているけれど、
これで先生達が良くなかったらさっさと別の聖歌隊に移していると思います。

むしろこんな調子だったら
コンサート組にずっと入らない方がいいとさえ思ってしまうくらい。
もっとも私がそう思うのであって
桃ちゃんが将来どうするかは彼女が決めることですが、
ずっと前に先生からコンサート組に入らないかと誘われた時は
桃ちゃんは断ったみたいです。

コンサート組に入ると責任が大きくなるのよ、
練習も毎日と言われたら毎日行かなきゃいけない、
乗馬も休まなきゃいけなくなることがある、
と予め私が桃ちゃんに話しておいたからだと思います。

入ってしまってから

「やっぱり練習休みたい」

と言うのは失礼なので
始めに説明しておいて良かったです。

 

*****************************

久々に自分のブログに来てみると画面に雪が降っていて驚きました。
きっと選んだ「テーマ」がそういう設定になっているのでしょうね。
冬の間だけかしら。

 

 

 

 

 

広告

フィリピンの乗馬クラブ祭2日目」への2件のフィードバック

  1. 菜の花さん!お久しぶりです。

    クラークの乗馬風景いいですね~。
    馬とのつきあいは、ペットとは違う動物とのつきあいかたです。
    お世話することも、乗馬の一部ですよね。

    • romireyさん♪

      コメントありがとう御座います!

      今回は学校があって参加出来なかったんですが、金曜日から行っていた人はクラークをちょっと出た自然の中をトレッキングみたいな乗馬も楽しんでました。もちろんそれに使った馬は桃ちゃんが乗っているような馬ではなく、バギオから来た小さい馬(ロバと馬の間みたいな感じ)でした。

      まだ馬については未知なことばかりですが、なるほど〜馬との付き合いはペットとはまた違う付き合いなんですね。確かに犬や猫などのペットと馬は全く違う存在な気がします。どう違うのかと言われてもちょっとまだ分からないんですが、犬や猫には乗れませんし、乗っている時にもしょっちゅう馬と会話してるみたいなことを桃ちゃんは言うので、乗り手と馬の心が通じ合うことが大事なのかしら。

      桃ちゃんの乗馬クラブでは中学生くらいにならないと馬を洗うのはさせてくれませんが(多分背が小さ過ぎるから?)、確かにお世話も大事な馬のレッスンの一つですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中