小41学期の期末試験

ご無沙汰しております。

もう1ヶ月くらい前ですが、
1学期の期末試験が終わって
まだその余韻でほ〜っとして気が抜けている私と桃ちゃんです。

テストの結果は点数だけ子ども達に報告されました。

試験用紙はくれないんですよ。
真似されたら困るからみたいです。

姉妹がいる人が有利になるのを避けるためとかあるんじゃないかしら。

本当は学校で教えてる時から
試験に似た問題をどんどんやらせてくれたら助かるのですが
算数以外はドリル系問題は殆どありません。

息子が通っていたラサールのグリーンヒルズ校は試験前に試験と似たような問題を沢山やらせてくれたので、本当に助かりました。

先生は個別に教えたり見たりは出来ないのですから
(1クラス40人近い)
宿題などを通して
子どもが苦手な部分を
親が見えて補ってあげる仕組みが欲しいところ。

でも桃ちゃんの学校は宿題禁止なので、
長女桜がこの学校に居る頃は算数の宿題さえ出ませんでした。

それでこの学校の生徒は算数が苦手ってうわさで
数年前に数学専門家に意見を求めたらしく
算数だけは宿題が出るようになりました。

宿題と言っても3問くらいですが、
ないよりいいです。

他の教科も宿題・・というか
テスト問題の練習版みたいなのが欲しいところ。

ネットで調べて似たような問題を探してこないと
ちょっと大変です。

特にフィリピン語の文法問題とか。

 

 

DSC00234

理科はあまりにも細かく色々書いてあったので
桃ちゃんは大混乱してました。

簡単に訳すと

「花を見て最初に気づくのは petal(花びら)です。花びらは美しい色で出来ています。全ての花の花びらは corolla と呼ばれます。花びらの美しい色が蜂や蝶を惹き付けます。花びらはまた種を作る部分を守っています。

花びらの下の緑の部分は sepals と呼ばれ、これらが集まって calyx となります。これらはつぼみを守ります。つぼみが開くとsepals は離れて落ちます。」

こんな調子で説明が永遠と・・・文章自体がわかりにくい気がします。

 

 

DSC00236

息子がわざわざ桃ちゃんに教えに来てくれて
「セックス」は植物の雄しべと雌しべのように交合することで
「アセックス」の「ア」は否定の意味なので細菌、ウィルス、カビみたいにオスとメスがいないで増殖するんだよって。

 

 

 

DSC00237

黒字で書いてある部分を暗記するわけなんですが、
ネットの動画サイトで同じトピックで
もっと簡単に説明している先生がいて
とても分かりやすかったです。

フィリピんは音楽でもそうですが、
簡単なことをわざと複雑に教えてかえって勉強に興味を持てなくしてる感じがする時があります。

うちの息子みたいなバリバリの理系や
音楽だったら元々ピアノを習ってて
楽譜、リズム、音符など見ただけでパッと分かる人だけ楽しいみたいな。

 

 

 

DSC00235

私が小学生の頃、
日本では小4でこんな複雑な花の仕組みは習わなかった気がします。

 

ま、でも他の学校に比べたら
桃ちゃんの学校はあまり勉強中心じゃないんですけど。

そして試験の点数にものすごいこだわりを持つ親が多いフィリピン。
桃ちゃんのクラスメートは悪い点を取ると叱られたり罰があったりする子が多いんですって。

でもクラスの中でゴミを拾うのは桃ちゃんともう一人だけで
当番でもやらない・・・とか。

そういう桃ちゃんも家では水遊びが好きで
水を出しっぱなしにして遊ぶことがあるので
ママは水を無駄にしたら怒る!
と毎日怒ってる最近です。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

小41学期の期末試験」への2件のフィードバック

  1. すごーい!小4にしては本当にフクザツな本ですね!
    今ふと、息子達って… と考えてしまいました…が…理科とか社会って教科書…ない事はないんでしょうけれども(え?)見た記憶がないです ^^;; (何をいまさら)いや学校に起きっぱなし(の教科書も多いです)なのかも..

    丁度エボラ熱が恐ろしい事になっているため、次男(桃ちゃんと同じくらいですよね)のクラスでは来週「バクテリアとウィルスについての発表」があるらしく、理科社会は大抵こういう感じで、先生がプリント配ったり、自分たちでPCや本から引っ張って調べたり…. が、多い気がします…

    難解な本を前におかれると、大人でも引いちゃいますよね〜
    や〜この教科書はびっくりです。難しい本を与えたら全て吸収するから、って考え方なのかしら…

    • yukinetteさん♪

      いつもコメントありがとう御座います!

      小学校の間は植物観察や花を育てたりしながら基本的な生物や自然のつながりや仕組みがわかってればいいんじゃないかな〜と思うんですよね。こんなに色々暗記してるのに実際に植物を育てたこともないので、日本の小学生が普通に知ってるようなことを知らなかったりして驚かされます。鉢を戸棚に入れて光合成出来ない状態にしたら葉が白くなるとか、光と葉緑体の関係みたいなものは最初は理屈じゃなくて体験で学んで欲しいものです。

      教科書見たことがないなんて羨ましいです〜。フィリピんは暗記教育が多くて、親も全員ではないけれど点数を気にする人が多いんですよ。私は点数は気にしない方ですが落第点を取ると転校して下さいと言われるので、ま、転校も一つの選択ではありますが、教科書は学校に起きっぱなしが多いので年度始めに複写してそれを家で勉強に使っています。

      自分たちで調べて発表するって大事ですね。そんな風に時事のことを絡めて生徒の学習に持って行ける先生は素敵ですね。多分こちらの先生はレッスンプランが多過ぎて今教えていることでさえ教えきれない状態なので、時事のことを取り入れる余裕はないと思います。とにかくこれでもかという詰め込みです。1学期の期末は特に理科は範囲がとんでもなく広くて動物、植物、体の解剖学の一部、実験の用具名や仮説の立て方などの方法、科学分野の名称と説明、有名な科学者の名前などで、こんなに沢山絶対に教えてる筈はないので、何か全てが中途半端になっている気がします。

      難解な本って本当に大人でも引きますよね。日本語に訳していて思ったのですが、これを書いた人って「AはBである。Bが集まるとCと呼ばれる。」みたいなつまらない文章の書き方をしてますよね。これじゃあ意味が分かる以前に文章の意味を理解するのに一苦労です。

      桃ちゃんが最近私に「ママって優しいね。」としょっちゅう言うのですが、友達は成績が悪いと怒られるらしくて学校でいつも成績にびくびくしているんですって。それを見て自分の親は怒らないから優しいって思ったみたいです。でも今日、1学期の成績を貰いに行ったら、廊下に居た担任ではない先生達が学問の成績より態度の成績が大事だと思うと話されていて、桃ちゃんは態度面の成績はとても良かったので褒めて頂き、この先生達はわかっておられるんだなと少し安心しました。ただ親が成績重視の人が多いと先生達はプレッシャーなのかもしれませんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中