フィリピンで食べる日本食レストラン「築地」

メトロマニラはいつくもの市や区域から成り立っているのですが、
日本人駐在員が多く住むマカティ市は
多くの商業ビルもあり、
日本食が美味しく食べれるレストランもよりどりみどり♪

その中でも主人がお気に入りなのが「築地」なのです。

 

 

DSC00018

主人の会社や親戚もこのレストランが好きで、
たまに利用しています。

今回は2日前から主人が予約を入れてくれて
久々に美味しいお寿司をご馳走になりました。

入り口に週末スペシャル3種類書かれています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC00022

虎次郎が頼んだ「きつねうどん」は品の良いおつゆ。
本当に出汁がよく出ていて
はまりそうな味わい。
(味見させてもらったんです〜♪)

うどんも自家製って感じで
細麺が良いと言っていた虎次郎も大満足。

もちろん「うどん」か「蕎麦」の選択肢しかないのですが
虎次郎はうどんに細麺と太麺があると勘違いして
細麺がいいと希望したのです。

 

 

 

 

 

 

DSC00025

手前のお寿司は週末スペシャルのセットについてきたもの。
まぐろの赤みやイカが好きな私は大喜び。

酢飯の炊き方や酢加減が今日は特に良かったです。
日本人の板前さんが寿司カウンターにおられたんですが
やはり日本人の板前さん、さすがです。

 

 

 

 

DSC00028

主人が頼んだ特上にぎり。
海老の頭もカリッと揚げてあって食べれたようです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC00023

週末スペシャルに付いて来たざる蕎麦も
自家製蕎麦のような感じで
久しぶりに乾燥蕎麦じゃない蕎麦を頂きました。

 

 

 

 

 

 

DSC00032

デザートはイチゴとメロンのかき氷。
私はうじ金時のかき氷が食べたかったのですが
お腹がいっぱいで入りませんでした。

そして写真にはないんですが
お寿司に付いて来た生姜とお麩のお吸い物は
暑い日には格別です。

この繊細な味付けはやはり日本人の板前さんだからこそ出せる味だと思います。

日本酒もボトルで注文して
皆でお腹いっぱい美味しいお寿司を頂きました。

 

<築地レストラン>

築地レストランのウェブサイトはこちら。

フェイスブックのページはこちら。

 

 

営業時間 昼 11時半〜2時半 夕 6時〜10時

結構満員だったので予約してから行くのがお勧めです。
一般席の他に今回私達が利用したような個室(障子で仕切られている小さいけれど居心地の良い空間)もあります。

電話予約 843−4285 または 812−2913

お寿司のネタも東京の築地市場から取り寄せているようです。
(フィリピン産のネタが含まれる場合は最初に注文を取る時に聞くと説明してくれます)

お酒の値段を含めなければ大体これで8000ペソ(2万円くらい)でした。
最近、マニラで外食するとびっくりする値段で
しかも「こんなの家で作れるわ〜」というような物も多いので
うちは殆ど外食しなくなってしまったんですが
「築地」の板前さんの味は絶対に自分で出せないので
来た甲斐がありました。

お寿司以外にも「しゃぶしゃぶ」とか「天ぷら」など色々あります。

マカティ地区には気軽に食べれるもっと安い定食屋さんのような日本食レストランも多いし、
味もそんなには悪くない、値段にしたら1000円以下という感じの所もありますし、
本当は色々冒険してみたらいいのでしょうけど、
たまの外食なのでまた「築地」になってしまいます。

冒険してみたい方は「はっちん」や「山崎」のような日本食スーパーに置いてある無料雑誌「プライマー」を見て参考にするといいかもしれません。

プライマーにはフィリピンレストランなど色々な料理を出すレストランの情報や、旅行情報、マッサージ情報なども載っていたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中