ラランス(ピレネー山脈)でプチハイキング

主人がオビスク峠に行っている間、
ラランスの町で待っていた私と桃ちゃんですが、
観光案内所(お昼休みで閉まっていた)から車まで
歩いて戻る途中に羊の群れ、発見。

電信柱に「駐車場」左側の標識が見えますが、
割と大きな無料駐車場が道路の左手にありました。

 

DSC05934

 

(車の列が羊の群れの通過を待っています)

桃ちゃんは羊の群れが見たくて
走り出したのですが、
この写真を撮った直後、思い切り転びました。

気持ちは羊に、
でも手と膝から血がにじんでいて
ズボンを穿いていた膝はちょっと擦りむいたくらいですが、
手は砂と擦りむいた血が入り交じってしまったので
羊は諦めて車へ。

持って来たペットボトルの水でとりあえず傷の周辺をきれいに洗い、
車内でお弁当を食べました。

 

 

 

 

 

 

DSC05930

教会のある広場にタパスを売る食堂を見つけました。
(しかもレストランの名前がパンプローナというスペインの地名)

タパスはスペインの居酒屋で出すおつまみ料理。

フランスでもスペインの国境に近いこの地域ではあるのかしら。

とにかく出費したくないので常にお弁当を持っており、
どんな食べ物がレストランで出されるか・・・
試すことは殆どありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1273

やっと午後2時に観光案内所が開き、
入ってみたのですが、
お姉さん達、英語が出来ません。

こんな地図が貼ってあり、
ハイキングコースも奥が深い感じですね。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1275

2階に上がるとこんな山の模型がありました。

電車かトロッコが走っているようなのですが、
それが一体何処なのかはとうとう分からず仕舞いです。

マニラに戻ってから調べると、
ヨーロッパで一番標高が高いトロッコ列車が走ってるようなのです。

観光案内所のお姉さん、教えてくれませんでした。涙

そういう意味ではスペインの観光案内所の方が町の情報が全て書かれたパンフレットなどあって、親切な感じがしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1277

山肌に線路が敷いてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1276

山頂付近に小さい模型で人々がロッククライミングしているのが見えます。
この辺りにロッククライミングが出来る場所があるよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1278

ハイキングしたいと観光案内所のお姉さんに言ったら
桃ちゃんと一緒なので無理でしょ〜と言われたんです。

でも一人のお姉さんがプチハイキング出来る場所があるわよ、と
町の地図にボールペンで線を書き込んでくれました。

その線を頼りに教会を出発。

ラランスの町の道路は羊の糞だらけなので
気をつけて歩かなくてはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1281

小さい町なので直ぐに町の外に出ました。
主人が自転車で上がって行った方角に高い山があって
雲が出て来たので、霧に弱い主人、大丈夫かな〜と桃ちゃんと話しながら歩きます。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1282

山の中腹には別の村があって教会がその中心に見えます。
あっちの方にも行ってみたいね〜と桃ちゃんと話していたのですが
結局は時間がなくて行きませんでした。

ネットではさっきのトロッコ列車はケーブルカーに乗って上に行くと駅があるとありましたが、ケーブルカー乗り場なども見えません。

見えてたらきっと「これ何処に行くんですか?」って聞いてたと思うんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1284

アルジェレス・ガゾストでも道路に十字架が本当に多かったですが、
こちらにもありました。

こうやって地図を見ながら、ちょっと迷いながら歩くの、楽しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1286

桃ちゃんは犬が大好きなので犬が歩いて来て大喜び。

このプチハイキングは終わってみて分かったのですが
人の家の裏庭や農家の敷地を通らせてもらっただけのものでした。

それでも舗装道路と山道が適度にあって
安全な道でしたし、
適度な運動にもなって、景色も良く、楽しかったです。

 

 

 

 

 

 

IMG_1288

知らない犬だから触っちゃ駄目よ〜と言ったのに触った桃ちゃん。
でも大人しい犬でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05938

少しだけ丘を上がったので景色が変わりました。
遠くに羊が見えて
あそこにも行ってみたいね〜と。
(動物大好きな桃ちゃん)

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1292

曲がり角にフランス語で「洗い場」と書いてあったのは
どうもこれのことのようです。

この右の道を入るのですが・・・

 

 

 

 

 

 

IMG_1293

矢印は付いていますが道は見当たらない。

 

 

 

 

 

 

IMG_1295

でも草むらを抜けると農家の横道がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1300

奇麗な花の下にあるギザギザの葉はスペインのイトゥレンでジョージーナさんが触ると痛いから気をつけてと言ってた草。

ジョージーナさんは英語で stinging nettle って言ってました。

日本語では刺草(いらくさ)って言うのかしら。
ここは刺草だらけで桃ちゃん、転びそうになってうっかり触ったら
葉っぱに毒があるのか最初は痛くて、その後、蚊に刺されたみたいにかぶれました。

 

 

 

 

 

IMG_1301

さっきの舗装道路の途中にはこんな標識があって、
6.2kmのハイキングコース(3時間)って書いてあります。

アルジェレス・ガゾストでも書店に行くとハイキングコースの本や地図が売られていて
フランス人ってハイキングが大好きなんですね。

桃ちゃんが居なかったら6kmくらいのハイキングしてみたいです。

 

 

 

 

 

 

IMG_1302

 

道端に咲く花に癒されます〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1305

途中で雨が降って来たので持って来たレインコートを着せました。
この辺の道はしっかりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1307

ところが段々道が細くなると桃ちゃん、嬉しくてどんどん先に進みます。
こういう道、大好きなんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05953

と、突然、馬の親子を発見。
おっぱい飲んでいます。

もう桃ちゃん、大喜び。

桃ちゃん「お母さんに全然似てないね・・・。」って。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05968

そしたらお父さん、発見。
お父さん似だったんですね。

子馬はお腹いっぱいになって寝転んでます。

この辺の馬ってずんぐりむっくり。

 

 

 

 

 

 

 

DSC05959

突然、道が開けて、舗装道路に出て来ました。
そして水飲み場。

下の舗装道路と上の舗装道路はどちらも町の教会の方に伸びていて接点がないのですが、間は農家なのでこういう、けもの道があるのでしょう。

 

 

 

 

 

DSC05963

これが上の舗装道路ですが、
さらに登る道があったので10分くらいかしら、
登ってみました。

でも何処に繋がっているか分からないし、
さっきの地図にあった6kmのハイキングコースだったら
どんどん山の中に入って行ってしまうし、
直ぐに引き返しました。

そして桃ちゃんがまた馬を見たいと言うので馬の方に逆戻り。
(あの道の左の薮を入って行きます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1310

馬を見て満足したら、
また上の舗装道路に戻りました。

ここからはラランスの町が一望出来ます。
とてもいい眺めでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1314

ちょっと雨が降ったせいで
道に何千ものナメクジが出て来て
中には親子みたいなのや、カップルみたいなのもいて、
気持ち悪い〜と言いつつ、ナメクジを見ている桃ちゃん。

 

 

 

 

 

 

IMG_1319

地図では教会の裏の墓地に出て来るとあったんですが、
墓地と教会って離れていました。
(あの草原の向こう左側が墓地)

主人が戻って来たよと携帯メールしてきたので

「車の鍵を渡すから墓地の方に来て。」

と言ったんですが、
主人は自転車なのに墓地が見つけられず・・・。
(狭い町なんだから全部走ってみればいいのにね)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1321

 

こちらがさっき遠くに見えた墓地。
プチハイキングコースは素敵な田舎の道で楽しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1322

主人に出会えたのは教会の直ぐ側。

 

 

 

 

 

IMG_1323

そして教会の向かい側にある肉屋さんで私は引っかかってしまい、
桃ちゃんと主人は車に戻りました。

 

 

 

 

 

 

IMG_1324

フランス語辞書で「lamb(子羊肉)」と「 veal(子牛肉)」を引いて
おじさんに指差してお肉を購入。

ここで買った子羊肉は口の中でとろけるような柔らかさでした。

 

 

 

 

 

IMG_1325

お肉屋さんを出ると羊の群れに遭遇。
あ〜これ、桃ちゃん見たかったのに。

でも主人と車に先に行ってしまったので
とうとう見れませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1330

羊飼いのおじさんが、車で通りがかった知り合いと立ち話してる間、
羊は大人しく待ってます。

教会の正面がほんの少し見えますね。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1332

帰路につくと雨は本降り。
ここから家まで2時間くらいです。
(行きは迷ったので3時間かかった。カーナビ持ってたのにうっかり置いて来たからです。)

ラランスの町、いつかまた来れたらいいなあ〜と思います。

今回、フランスに来る予定がなくて
観光ガイド本など持って来なかったので
ネットで調べても探し切れず、
後で行ってみたかった場所、たくさん出て来ました。

でも主人が旅行で全部の場所に行くなんて無理だし・・・って。
それはそうだけど、
主人はしっかり下調べして、自分が行きたい場所は押さえてたもんね。
(自転車でしか体験出来ないことばっかり)

もっとも3年くらい前から下調べしてましたけど。

私ももう行けないかもしれないけど
それでも下調べはしておこうと思いました。
例え行けなくても下調べして計画するだけでも楽しいし。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中